真鶴出版日記(8)/塩うずわ

 

DSC_0189 (1)
 

今日はゲストがいなかった。

朝、『小さな町で、仕事をつくる』の物撮り写真を修正。慣れていないのですごく時間がかかる。本当はこういうのも頼めたらいいのだけど、まずは自分でやってみることが大事と言い聞かせる。さっそくアップしました。その後、お世話になっている方たちに献本のための手紙を書く。合間に経理作業。1日家から出ない地味な日だった。

唯一新しい挑戦はお昼ご飯。

真鶴の郷土料理、塩うずわ(高橋水産にて購入)を使ってパスタを作った。塩うずわとトマトとチーズのパスタ。これがかなりうまかった。うずわとはソウダガツオの呼称で、塩うずわとはそれを塩漬けしたもの。うずわは鮮度が落ちるのが早いので、塩うずわは水揚げ地でしか手に入らないとか。塩うずわは本当に塩辛くて最初は扱いづらかったのだけど、「アンチョビ」だと思うと一気に使い道が広がった。アンチョビより安いし、アジより骨も少ない。最近常に冷凍庫に常備している。

おわり